第81回句会/いいにゃあ、五・七・五。ワタシも陽だまりで一句ひねろう~っと

d0254166_14093.jpg


兼題:「新茶」「夏燕(つばめ)」「風薫る」「五月雨」
(平成29年5月15日)

夏燕くもり足元這うように

五月雨に起こされて川見に外へ                九 間


風薫る木道を行く黙々と

茶屋街の軒かすめ飛ぶ夏燕                  ミモザ


蜂起せし名残りの浜に風薫る

丘駆ける童と競う夏燕                    しょうこ


老夫婦乗せて能登路や風薫る

児ら数ふかほかほかほや燕の子                ばたやん


残り歯を染めるがごとく新茶かな

老の字に衰が寄り添いさみだるる               さち女


天を突き時空えぐるか夏燕

古希近しフィトンチッドの風薫る               夜 鷹

*「フィトンチッド」は森林浴のエキスのこと


新茶自慢とくとくと滴(しずく)ぬるい滋味

分け入りてあっと開く湖(うみ)風薫る            ヒデキ


迷いなく真一文字の夏燕

五月雨や本の世界へどっぷりと                まつぼっくり


五月雨の君とさす傘肩ぬれて

風薫る髪なびかせて君笑う                  く に


真新し白きセーラー風薫る

五月雨(さつきあめ)帰り遅らす遣(や)らず雨        笛 女


薫風も異国の砂じん払いおり

夏つばめ数よむ声も宙がえり                 淑 女


悲しきはシャッター通りの夏燕

一乗谷栄枯盛衰夏燕                     呂 修


風薫る楽都金沢音楽祭

風薫る名画の余韻にひたる午後                土 筆


夏燕遠い便りを育みて

恋人のささやき運び風薫る                  阿無呂


新茶の香茜だすきと口ずさむ

被災の地山焼け果てて風薫る                 ガルボ


風薫る亀茲(クチャ)の朝にも数千年

*「亀茲」は中国新疆ウイグル地区にあるシルクロードのオアシス都市)

朝焼けや土塀をなでる五月雨よ                一 服

……………………………………………………………………………………………………………………………
互選の結果☆ 得点の多い順から「天」「地」「人」

[天] 残り歯を染めるがごとく新茶かな    さち女

[地] 迷いなく真一文字の夏燕        まつぼっくり

[人] 悲しきはシャッター通りの夏燕     呂 修

……………………………………………………………………………………………………………………………
◆次回は6月19日 午後7時 開会

※兼題 「万緑」「鮎(あゆ)」「夏服」「夏至(げし)」

                    




[PR]
# by haiku-gudonkai | 2017-05-16 15:21 | Comments(0)

第80回句会/いいにゃあ、五・七・五。ワタシも陽だまりで一句ひねろう~っと

d0254166_14093.jpg

兼題:「蝌蚪(かと=おたまじゃくし)」「独活(うど)」「春眠」「四月馬鹿」
(平成29年4月17日)


生きぬけや精子に似たり蝌蚪の群れ               
父母知らず兄弟多し蝌蚪の群れ                呂 修

さえずりて春眠乱すつばめかな
その姿いのちの不思議蝌蚪可愛ゆ               つばめ

掬(すく)う手からこぼれし蝌蚪や忘れ歌
春眠もミサイル一瞬株地獄                  ヒデキ

独活かじる春をむさぼる人老いる
春眠や異端の夢の果てしなく                 さち女

黒々と満員御礼蝌蚪の池
春眠や見るもの読むもの皆うつろ               土 筆

みゃあらくもん晴耕雨読春眠る
       ※「みゃあらくもん」=「身楽者」の富山方言か。
分け入りて独活見上げたり谷薫る               夜 鷹

「おたじゃくし!」 舌まわらぬに駆け寄る子
       ※幼くてまだ「おたま―」と正確に言えない。
独活を食む苦味もいつか懐かしく               ガルボ

春眠や隣家の孫が蹴るボール
四月馬鹿廓の寺の五色幕                   み う

蝌蚪よ蝌蚪幼児(おさなご)の掌(て)に宝物
春眠や好きな読書もままならず                ばたやん

春眠や夢と現(うつつ)が綱を引く
すぐばれる嘘で和ます四月馬鹿                まつぼっくり

寒村や黒々と蝌蚪艶(なまめ)きぬ
独活を剥(む)く指青白き香に染まり             しょうこ

曙光さす水底泳ぐ蝌蚪の群
山独活の香に思い出のほろ苦く                ミモザ 
  
独活のびて唾液あふれてあおぐ空
めざましの音も届かぬ春の夢                 吉 田
……………………………………………………………………………………………………………………………
☆互選の結果☆
 得点の多い順から「天」「地」「人」

[天] 春眠や夢と現(うつつ)が綱を引く       まつぼっくり
[地] 生きぬけや精子に似たり蝌蚪の群れ       呂 修
[人] 春眠や異端の夢の果てしなく            さち女

……………………………………………………………………………………………………………………………
◆次回は5月15日 午後7時 開会
※兼題: a 新茶  b 夏燕(なつつばめ)  c 風薫る  d 五月雨
[PR]
# by haiku-gudonkai | 2017-04-18 12:22 | Comments(0)

第80回句会/いいにゃあ、五・七・五。ワタシも陽だまりで一句ひねろう~っと

d0254166_14093.jpg

兼題:「蝌蚪(かと=おたまじゃくし)」「独活(うど)」「春眠」「四月馬鹿」
(平成29年4月17日)


生きぬけや精子に似たり蝌蚪の群れ               
父母知らず兄弟多し蝌蚪の群れ                呂 修

さえずりて春眠乱すつばめかな
その姿いのちの不思議蝌蚪可愛ゆ               つばめ

掬(すく)う手からこぼれし蝌蚪や忘れ歌
春眠もミサイル一瞬株地獄                  ヒデキ

独活かじる春をむさぼる人老いる
春眠や異端の夢の果てしなく                 さち女

黒々と満員御礼蝌蚪の池
春眠や見るもの読むもの皆うつろ               土 筆

みゃあらくもん晴耕雨読春眠る
       ※「みゃあらくもん」=「身楽者」の富山方言か。
分け入りて独活見上げたり谷薫る               夜 鷹

「おたじゃくし!」 舌まわらぬに駆け寄る子
       ※幼くてまだ「おたま―」と正確に言えない。
独活を食む苦味もいつか懐かしく               ガルボ

春眠や隣家の孫が蹴るボール
四月馬鹿廓の寺の五色幕                   み う

蝌蚪よ蝌蚪幼児(おさなご)の掌(て)に宝物
春眠や好きな読書もままならず                ばたやん

春眠や夢と現(うつつ)が綱を引く
すぐばれる嘘で和ます四月馬鹿                まつぼっくり

寒村や黒々と蝌蚪艶(なまめ)きぬ
独活を剥(む)く指青白き香に染まり             しょうこ

曙光さす水底泳ぐ蝌蚪の群
山独活の香に思い出のほろ苦く                ミモザ 
  
独活のびて唾液あふれてあおぐ空
めざましの音も届かぬ春の夢                 吉 田
……………………………………………………………………………………………………………………………
☆互選の結果☆
 得点の多い順から「天」「地」「人」

[天] 春眠や夢と現(うつつ)が綱を引く       まつぼっくり
[地] 生きぬけや精子に似たり蝌蚪の群れ       呂 修
[人] 春眠や異端の夢の果てしなく            さち女

……………………………………………………………………………………………………………………………
◆次回は5月15日 午後7時 開会
※兼題: a 新茶  b 夏燕(なつつばめ)  c 風薫る  d 五月雨
[PR]
# by haiku-gudonkai | 2017-04-18 12:20 | Comments(0)

第79回句会/いいにゃあ、五・七・五。ワタシも陽だまりで一句ひねろう~っと

d0254166_14093.jpg

兼題:「椿」「雲雀(ひばり)」「卒業」「霞(かすみ)」(平成29年3月20日)

いさぎよく落ちて正座の白椿
落椿ぽとりと音がしたような              呂 修

残すべきことばはありや紅椿
人知れず燃え散る椿鏡見る               さち女

卒業や七十路越えど道半ば
揚雲雀新車に触れる愉しさよ              ばたやん

思い出を段ボールに詰めいざ卒業
Y軸の頂点で啼く雲雀かな               まつぼっくり

めぐる季(とき)椿花絶えぬ亡義母(はは)の庭
椿墜つその一瞬のあっけなさ              ヒデキ

白山の裳裾(もすそ)を引いて霞たり
卒業の子も男も無き名新世代              土 筆

空青く片恋と一緒に卒業す
苔の上落ちる椿を眺めおり               く に

気配して落つるを知れりつばき花
つばき餅緑と白が皿に映ゆ               つばめ

学び半ば繰り上げ卒業死の行軍
四十九日偲びし夫(つま)も霞草            淑 女

卒業を迎えし顔早や中学生
兼六園客をさそうや加賀しぼり(椿)          笛 女

落椿苔の褥(しとね)やレクイエム
薄絹をまといし塔や夕霞                ミモザ

卒業の白衣に涙道遥か
卒業の空夢現(そらゆめうつつ)老父の午後       しょうこ

古寺に過去を埋めて折る椿
無伴奏卒業終えて聴く二人               阿無呂

◇場外句
*マゼンタの椿の花の君は逝き
*白鳥路落ちた椿の杜をゆく              みち草
*鳴きながら点となりゆく揚雲雀
*故郷に山河ありて卒業式               流 石
……………………………………………………………………………………………………………………………
☆互選の結果☆
 得点の多い順から「天」「地」「人」

[天] いさぎよく落ちて正座の白椿              呂 修
[地] 残すべきことばはありや紅椿              さち女
[人] 白山の裳裾(もすそ)を引いて霞たり          土 筆

……………………………………………………………………………………………………………………………
◆次回は 4月17日 午後7時 開会
※次回兼題:a.蝌蚪(かと=おたまじゃくし) b.独活(うど) c.春眠 d.四月馬鹿
[PR]
# by haiku-gudonkai | 2017-03-23 12:28 | Comments(0)

第78回句会/いいにゃあ、五・七・五。ワタシも陽だまりで一句ひねろう~っと

d0254166_14093.jpg

兼題:「春一番」「梅」「節分(豆まき)」「春炬燵」(平成29年2月20日)

太宰府に飛梅が結ふ過去未来
福いずこ一喜一憂鬼は内                   夜 鷹

節分の座敷芸妓は二度化ける
たおやかに梅が香焚きし祖母の指               つばめ

春炬燵老いんがままに老いんとす
晩年の愚痴溶けゆくや春炬燵                 さち女

避難指示解除の村に春一番
船止める腰巻地蔵や春一番                  呂 修

豆まきや黒留粋に簪(かんざし)揺れ
八重の梅凍(こご)えそうでも厚化粧             ヒデキ

今ひとり二人の記念日梅一輪
傘すぼめ背でたちむかう春一番                淑 女

梅の枝のびた先には眉の月
黙と黙やがてうとうと春炬燵                 土 筆

春一番のぞく素足に息をのむ
近づきて吐息がふれる梅日和                 く に

また楽し鉢躍りたる春一番
初産にメールが躍る梅日和                  ばたやん

柏手の響いて紅い梅ひとつ
春一番鈍行列車を揺らしけり                 み う

節分や新横綱も福は内
舟をこぐ休日の午後春炬燵                  まつぼっくり

豆まきの迷子四五粒路地裏に
旅の女子梅かんざしでバスに乗る               しょうこ

春一番戯れ奔(はし)る澱む川
地に潜む命蠢く春一番                    ミモザ

盆梅の匂い立ちたる茶室前
節分にお面の鬼の二つあり                  ガルボ

豹柄が先頭に立って春一番
春一番スカーフ薄手に香林坊                 流 石

新内を空耳に聴く春炬燵
春一番霙(みぞれ)霰(あられ)に見送られ          阿無呂
……………………………………………………………………………………………………………………………
☆互選の結果☆
得点の多い順から「天」「地」「人」
※今回は再投票も同点のため「地」が2人。「人」なし!

[天] 春一番のぞく素足に息をのむ     く に
[地] 今ひとり二人の記念日梅一輪     淑 女
[地] 梅の枝のびた先には眉の月      土 筆

……………………………………………………………………………………………………………………………
◆次回は 3月20日(春分の日) 午後7時 開会
*兼題 「椿(つばき)」「雲雀(ひばり)」「卒業」「霞(かすみ)」
[PR]
# by haiku-gudonkai | 2017-02-24 14:31 | Comments(0)


「ぐどんかい」と読む。師は無し。気ままに愚直に一杯呑むように楽しむ句会。2010/8、金沢市で発足。


by haiku-gudonkai

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

第86回句会/いいにゃあ、五..
at 2017-10-17 11:49
第85回句会/いいにゃあ、五..
at 2017-09-19 21:17
第84回句会/いいにゃあ、五..
at 2017-08-29 15:26
第83回句会/いいにゃあ、五..
at 2017-07-19 12:22
第82回句会/いいにゃあ、五..
at 2017-06-21 13:53

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

最新のコメント

モンクレール モンクレー
by モンクレール 日本 at 12:06

最新のトラックバック

外部リンク

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧